コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿保意保賀斯 あほの おおかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿保意保賀斯 あほの-おおかし

古代伝承上の豪族。
須禰都斗(すねつと)王の王子。建(健)部(たけるべ)氏の祖。允恭(いんぎょう)天皇のとき父が阿保の氏をあたえられたが,意保賀斯が武芸にすぐれたため,雄略天皇のとき建部氏をさずかる。延暦(えんりゃく)3年(784)子孫の人上,黒麻呂らは阿保氏にもどった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android