コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿保意保賀斯 あほの おおかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿保意保賀斯 あほの-おおかし

古代伝承上の豪族。
須禰都斗(すねつと)王の王子。建(健)部(たけるべ)氏の祖。允恭(いんぎょう)天皇のとき父が阿保の氏をあたえられたが,意保賀斯が武芸にすぐれたため,雄略天皇のとき建部氏をさずかる。延暦(えんりゃく)3年(784)子孫の人上,黒麻呂らは阿保氏にもどった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android