コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍久努麻呂 あべのくぬの まろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿倍久努麻呂 あべのくぬの-まろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇4年朝廷への出仕を禁じられ冠位をうばわれる。のち復帰し,朱鳥元年(686)の天武天皇の葬儀に刑官を代表して誄(しのびごと)(哀悼の意をあらわす言葉)をのべた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android