コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍久努麻呂 あべのくぬの まろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿倍久努麻呂 あべのくぬの-まろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇4年朝廷への出仕を禁じられ冠位をうばわれる。のち復帰し,朱鳥元年(686)の天武天皇の葬儀に刑官を代表して誄(しのびごと)(哀悼の意をあらわす言葉)をのべた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone