コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠位 カンイ

大辞林 第三版の解説

かんい【冠位】

かんむりと位。
冠の色や材料によって表す官人の朝廷における位階、およびその制度。推古天皇の時(603年)、冠位十二階を定めたのに始まる。その後天武天皇の時、親王四階、諸王八階、諸臣四十八階に改められたが、文武天皇の時(701年)、位記をもって代えられるまで約百年間続いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の冠位の言及

【位階】より

…官人社会における個人の地位を表す序列・等級。
[冠位制の流れ]
 日本における位階制は603年(推古11)の冠位十二階に始まる。これは,官人序列を冠の色によって表そうとするもので,源流は朝鮮半島の制度に求められる。…

【位記】より

…位階を授けるときに発給する公文書。飛鳥浄御原令の施行にともない689年(持統3)はじめて発行されたが,このときは冠位と位記を併用した。しかし,大宝令の施行とともに冠位を廃し,位記一本立てとした。…

※「冠位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冠位の関連キーワード徳・仁・礼・信・義・智ソンツェン・ガンポ阿倍久努麻呂阿曇比羅夫隋書倭人伝沙宅紹明大伴長徳甲子革令推古時代紀堅麻呂藤原鎌足位階勲等文武天皇天武天皇大伴御行石原正明推古天皇薬師恵日聖徳太子鬼室集斯

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠位の関連情報