コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀講 アミダコウ

デジタル大辞泉の解説

あみだ‐こう【××陀講】

阿弥陀仏の功徳をたたえ、その来迎(らいごう)を願う法会。迎え講。往生講

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あみだこう【阿弥陀講】

阿弥陀如来の功徳くどくを説き聞かせる法会ほうえ。平安後期から行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の阿弥陀講の言及

【念仏講】より

…念仏を唱え,極楽往生を期する同信者の集団。中国では廬山において慧遠(えおん)が結成した白蓮社(念仏講)があり,日本では平安中期以後,迎講,往生講,阿弥陀講などがあった。念仏講の名称は,中世以後の地方の文書や石碑の銘文にしばしばみられる。…

※「阿弥陀講」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿弥陀講の関連キーワード阿弥陀如来阿弥陀仏念仏講

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android