コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後拾遺往生伝 ごしゅういおうじょうでん

1件 の用語解説(後拾遺往生伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごしゅういおうじょうでん【後拾遺往生伝】

三善為康撰。《拾遺往生伝》の完成後ひきつづいてその遺漏を集めたもので,為康の死亡する1139年(保延5)までの間,増補され書きつがれた。75人(重複を除くと73人)の往生者を収録している。《拾遺往生伝》と比較して先行文献からの収録は減少し,著者自身の伝聞によるものが増加,同時代人が54人を占めている。往生者の特色もさほど変化はないが,俗人の記載が33人と増加し,とくに地方在住者が多いこと,良忍をはじめ大原別所の念仏者や四天王寺の念仏集団がとりあげられていること等,院政期浄土教の新しい傾向を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後拾遺往生伝の関連キーワード往生伝日本往生極楽記三善為康童蒙頌韻引き攣れるひきつ星安楽尼源算釈妙三善時連

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone