コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後拾遺往生伝 ごしゅういおうじょうでん

世界大百科事典 第2版の解説

ごしゅういおうじょうでん【後拾遺往生伝】

三善為康撰。《拾遺往生伝》の完成後ひきつづいてその遺漏を集めたもので,為康の死亡する1139年(保延5)までの間,増補され書きつがれた。75人(重複を除くと73人)の往生者を収録している。《拾遺往生伝》と比較して先行文献からの収録は減少し,著者自身の伝聞によるものが増加,同時代人が54人を占めている。往生者の特色もさほど変化はないが,俗人の記載が33人と増加し,とくに地方在住者が多いこと,良忍をはじめ大原別所の念仏者や四天王寺の念仏集団がとりあげられていること等,院政期浄土教の新しい傾向を示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

後拾遺往生伝の関連キーワード三外往生記藤原基光源俊房