コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿比多 あひた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿比多 あひた

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の使節。
継体天皇10年(516)百済の灼莫古(やくまくこ)将軍,高句麗(こうくり)(朝鮮)の使者安定(あんてい)とともに来日し,日本との修好につとめる。欽明(きんめい)天皇11年日本の使者として百済の聖明王のもとにつかわされたことからみて,日本人か。斯那奴(しなのの)阿比多ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阿比多の関連キーワード継体天皇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android