コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿比留嘉兵衛 あびる かへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿比留嘉兵衛 あびる-かへえ

?-? 江戸時代前期の農民。
対馬(つしま)(長崎県)伊奈郷の人。元禄(げんろく)(1688-1704)のころイノシシ退治をはかる郡奉行陶山鈍翁(すやま-どんおう)により鉄砲の銃手にえらばれ,数十頭をたおす。生涯にシカ999頭を射止めるが,念願の1000頭に達することはできなかったという。晩年は殺生をたち,慈善をおこなった。また佐護郷と伊奈郷の境界紛争を解決した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android