阿耨観音(読み)あのくかんのん

精選版 日本国語大辞典「阿耨観音」の解説

あのく‐かんのん ‥クヮンオン【阿耨観音】

仏語。三十三観音の一つ。法華経普門品に、観音が世の人々の姿に応じて三十三種の身を現わして、これを導き救うと説く経文に基づいて発案された俗間の観音。図像としては、の上にすわって海を見る姿勢が描かれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「阿耨観音」の解説

あのく‐かんのん〔‐クワンオン〕【阿耨観音】

三十三観音の一。海上に漂流してにあったとき、この観音に祈ると救われるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android