コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十三観音 サンジュウサンカンノン

2件 の用語解説(三十三観音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうさん‐かんのん〔サンジフサンクワンオン〕【三十三観音】

法華経普門品(ふもんぼん)の説く三十三身(さんじゅうさんじん)に基づき、俗信の観音を33種並べたもの。楊柳(ようりゅう)・竜頭(りゅうず)・持経・円光・遊戯(ゆげ)・白衣(びゃくえ)・蓮臥(れんが)・滝見(たきみ)・施薬(せやく)・魚籃(ぎょらん)・徳王・水月・一葉・青頭(しょうず)・威徳(いとく)・延命・衆宝(しゅほう)・岩戸・能静(のうじょう)・阿耨(あのく)・阿麼提(あまたい)・葉衣(ようえ)・瑠璃(るり)・多羅尊(たらそん)・蛤蜊(こうり)・六時・普悲(ふひ)・馬郎婦(めろうふ)・合掌・一如(いちにょ)・不二・持蓮(じれん)・灑水(しゃすい)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうさんかんのん【三十三観音】

三三体の形の異なる観音菩薩。法華経普門品に説く仏の化身けしん三十三身じんに基づくという。楊柳ようりゆう・竜頭りゆうず・持経・円光・遊戯ゆげ・白衣びやくえ・蓮臥れんが・滝見・施薬・魚籃ぎよらん・徳王・水月・一葉・青頸しようきよう・威徳・延命・衆宝しゆほう・岩戸・能静のうじよう・阿耨あのく・阿麽提あまだい・葉衣ようえ・瑠璃・多羅尊・蛤蜊はまぐり・六時・普悲・馬郎婦めろうふ・合掌・一如・不二・持蓮・灑水しやすい

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三十三観音の言及

【栄螺堂】より

…江戸時代後期に建てられた観音像をまつるための特異な仏堂形式で,〈さざいどう〉ともいう。堂内を3層につくり,右回りの通路にそって百観音や三十三観音などの仏像を安置し,堂内を一巡すれば観音霊場を巡礼したと同じ霊験が得られるようになっている。本来の名称は三匝堂(さんそうどう)(匝は巡るの意味)で,栄螺堂は巡路の形状に由来する俗称である。…

※「三十三観音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三十三観音の関連情報