俗間(読み)ぞっかん

精選版 日本国語大辞典「俗間」の解説

ぞっ‐かん ゾク‥【俗間】

世俗の間。俗人の住んでいるの中。俗人の仲間。民間
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・長楽寺花即事〈大江佐国〉「俗間桃李縦皆盛、此地芬芳勝自衆」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「居は市中にありて自ら隠れ、躬(み)は俗間(ゾクカン)にありて自ら雅なり」 〔漢書‐游侠〕

ぞく‐かん【俗間】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「俗間」の解説

ぞっ‐かん〔ゾク‐〕【俗間】

俗人の住む世の中。世間。民間。
[類語]世間世の中天下江湖こうこ社会実社会世上世俗俗世人世じんせい人間じんかん民間巷間こうかんちまた市井しせい浮き世娑婆しゃば塵界じんかい世界人中浮き世一般

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android