コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿闍世 アジャセ

大辞林 第三版の解説

あじゃせ【阿闍世】

Ajātaśatru〕 古代インド、マガダ国の王。頻婆娑羅びんばしやら王の子。提婆達多だいばだつたの教唆きようさで父王を幽閉・殺害して即位したが、のち釈迦に帰依して仏教を保護した。阿闍世王。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の阿闍世の言及

【アジャータシャトル】より

…生没年不詳。漢訳仏典では阿闍世(あじやせ)とする。父はブッダの庇護者として名高いビンビサーラ(頻婆娑羅)。…

※「阿闍世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿闍世の関連キーワード長者の万灯より貧者の一灯津打治兵衛(津打次兵衛)津打治兵衛(初代)阿闍世コンプレクスラージャグリハパータリプトラ小此木 啓吾ビンビサーラオイディプス観無量寿経古沢 平作韋提希夫人貧者の一燈小此木啓吾マガダ国阿闍世王古沢平作頻婆娑羅提婆達多竹林精舎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android