コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿高貝塚 あだかかいづか

1件 の用語解説(阿高貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あだかかいづか【阿高貝塚】

熊本県下益城郡城南町阿高にある縄文時代の貝塚。熊本平野南部の貝塚群の一つで,木原山よりのびた台地端にあり,緑川支流浜戸川に面する。1916年に発見調査され,多数の人骨が検出された。77年に,貝層と遺跡の範囲確認の調査が行われ,隅丸方形の竪穴住居址らしい遺構の一部を検出した。貝塚はマガキを主体とし,ヤマトシジミがそれに次ぐ。ほかにアゲマキ,ハマグリが目立つ内湾性貝塚で,東方約300mにある御領貝塚の主体がヤマトシジミ(90%以上)であるのと対照的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿高貝塚の関連キーワード縄文時代縄文農耕熊本熊本空港岩田遺跡大将軍遺跡小林久雄湖東製作所アイシン九州

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone