阿高貝塚(読み)あだかかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

あだかかいづか【阿高貝塚】

熊本県下益城郡城南町阿高にある縄文時代の貝塚。熊本平野南部の貝塚群の一つで,木原山よりのびた台地端にあり,緑川支流浜戸川に面する。1916年に発見調査され,多数の人骨が検出された。77年に,貝層と遺跡の範囲確認の調査が行われ,隅丸方形の竪穴住居址らしい遺構の一部を検出した。貝塚はマガキを主体とし,ヤマトシジミがそれに次ぐ。ほかにアゲマキ,ハマグリが目立つ内湾性貝塚で,東方約300mにある御領貝塚の主体がヤマトシジミ(90%以上)であるのと対照的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あたか‐かいづか ‥かひづか【阿高貝塚】

熊本県下益城郡城南町阿高にある縄文時代中期の遺跡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android