石錘(読み)せきすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石錘
せきすい

縄文時代,弥生時代の遺物の一つ。平たいやや長い円形の礫の長軸の両端に打欠きをつけたもの,あるいは打欠きの代りにこすって溝をつけたもの,あるいは長軸,短軸とも両端に溝をつけたものなどがある。その打欠きまたは溝に紐を結び漁網の下に並べてつるしたものであろうと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せきすい【石錘】

魚網などに付けて、錘おもりとして用いたと推定される石器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石錘
せきすい

石製の具である。漁網用錘具としてばかりでなく、その用途は広い。おもな形態は次の4種。(1)手ごろな川原石の両端を打ち欠いた礫(れき)石錘。後期旧石器時代にすでに少量みられ、縄文時代にもっとも多く、下って現代まで使用されている。漁網錘としてよりも、もじり編み用の錘具として重要であったらしい。(2)川原石の両端に切目(きれめ)を入れた切目石錘。縄文時代中~晩期にみられる漁網錘である。(3)一周または十文字に溝を施した有溝(ゆうこう)石錘。縄文時代後期以降にみられる漁網錘。(2)(3)ともおもに内水面域で使用されている。(4)有頭大型石錘。中部地方の弥生(やよい)時代後期にとくに発達した。漁網錘ではなく、独木舟(まるきぶね)の錨(いかり)であったらしい。[渡辺 誠]
『渡辺誠著『縄文時代の漁業』(1973・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android