コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石錘 せきすい

3件 の用語解説(石錘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石錘
せきすい

縄文時代,弥生時代の遺物の一つ。平たいやや長い円形の礫の長軸の両端に打欠きをつけたもの,あるいは打欠きの代りにこすって溝をつけたもの,あるいは長軸,短軸とも両端に溝をつけたものなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきすい【石錘】

魚網などに付けて、錘おもりとして用いたと推定される石器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石錘
せきすい

石製の錘具である。漁網用錘具としてばかりでなく、その用途は広い。おもな形態は次の4種。(1)手ごろな川原石の両端を打ち欠いた礫(れき)石錘。後期旧石器時代にすでに少量みられ、縄文時代にもっとも多く、下って現代まで使用されている。漁網錘としてよりも、もじり編み用の錘具として重要であったらしい。(2)川原石の両端に切目(きれめ)を入れた切目石錘。縄文時代中~晩期にみられる漁網錘である。(3)一周または十文字に溝を施した有溝(ゆうこう)石錘。縄文時代後期以降にみられる漁網錘。(2)(3)ともおもに内水面域で使用されている。(4)有頭大型石錘。中部地方の弥生(やよい)時代後期にとくに発達した。漁網錘ではなく、独木舟(まるきぶね)の錨(いかり)であったらしい。[渡辺 誠]
『渡辺誠著『縄文時代の漁業』(1973・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石錘の関連キーワード尖頭器弥生時代貝器岩田遺跡大将軍遺跡縄文人と弥生人大阪府東大阪市弥生町山王遺跡湯納遺跡北代遺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石錘の関連情報