降鑑・降鑒・降監(読み)こうかん

精選版 日本国語大辞典「降鑑・降鑒・降監」の解説

こう‐かん カウ‥【降鑑・降鑒・降監】

〘名〙
① 神が天から人間界を見守ること。
国史略(1826)一「自天降鑒光助朕躬」 〔書経‐微子〕
② 神が地上に降りて人間界を見守ること。
※宗像記追考(1694)二「筑紫降監の事をも神代よりの事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android