限界デキストリン(読み)げんかいデキストリン(英語表記)limit dextrin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界デキストリン
げんかいデキストリン
limit dextrin

デンプンに加水分解酵素を作用させたとき,分解されずに残る中核部分をいう。アミロペクチングリコーゲンはα-1,4グルコシド結合とβ-1,6結合を混合して含むので,前者の結合のみを切るアミラーゼを作用させると,β-1,6結合から成る枝分れ部位のところで分解が止り,限界デキストリンが残る。デンプンでもアミロースは,ほぼα-1,4結合のみから成るので,限界デキストリンが残らない。ホスホリラーゼによる加リン酸分解でも似た現象があり,このとき残る部分を,特にホスホリラーゼ限界デキストリンという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

限界デキストリン

 リミットデキストリンともいう.デンプンもしくはグリコーゲンを酵素分解したときに残る残さ.α-アミラーゼで分解したときに残るものをα-限界デキストリン,β-アミラーゼで分解したときに残るものをβ-限界デキストリンという.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android