コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界デキストリン げんかいデキストリンlimit dextrin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界デキストリン
げんかいデキストリン
limit dextrin

デンプンに加水分解酵素を作用させたとき,分解されずに残る中核部分をいう。アミロペクチングリコーゲンはα-1,4グルコシド結合とβ-1,6結合を混合して含むので,前者の結合のみを切るアミラーゼを作用させると,β-1,6結合から成る枝分れ部位のところで分解が止り,限界デキストリンが残る。デンプンでもアミロースは,ほぼα-1,4結合のみから成るので,限界デキストリンが残らない。ホスホリラーゼによる加リン酸分解でも似た現象があり,このとき残る部分を,特にホスホリラーゼ限界デキストリンという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

限界デキストリン

 リミットデキストリンともいう.デンプンもしくはグリコーゲンを酵素分解したときに残る残さ.α-アミラーゼで分解したときに残るものをα-限界デキストリン,β-アミラーゼで分解したときに残るものをβ-限界デキストリンという.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

限界デキストリンの関連キーワードαアミログルコシダーゼ脱分枝酵素

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android