コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院実 いんじつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院実 いんじつ

?-? 平安後期-鎌倉時代の仏師。
院尊の子。平氏にやかれた奈良興福寺の復興に父とともにたずさわる。建久2年(1191)同寺南大門仁王像の制作をめぐって康慶とあらそう。5年父にしたがい,東大寺大仏光背をつくる。正治(しょうじ)2年法印となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

院実の関連キーワード恒良親王(つねながしんのう)藤原守子(2)大納言局(4)藤原栄子(2)平親清女妹三条西実枝後宇多天皇西園寺実雄仁誉法親王顕親門院洞院公守三条実重花園天皇別尊雑記藤原実雄洞院満季洞院公定洞院公数細々要記玄輝門院