コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院尊 いんそん

7件 の用語解説(院尊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院尊
いんそん

[生]保安1(1120)
[没]建久9(1198).10.29.
平安時代末期~鎌倉時代初期の七条大宮仏所の仏師。院覚の子または弟子。院派の棟梁として活躍し造仏界に君臨,法印位につく。久安5 (1149) 年成楽院の『大日如来像』を造立し,供養願文藤原定信が書いたことが知られる (『兵範記』) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

院尊【いんそん】

院派の代表的な木仏師。院覚の子または弟子といわれる。平安末から宮廷や貴族の造仏に携わって法印位に登り,鎌倉初期の仏師界に君臨した。興福寺復興に際しては最も重要な造仏を担当し,東大寺大仏の光背も造った。
→関連項目康慶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院尊 いんそん

1120-1198 平安後期-鎌倉時代の仏師。
保安(ほうあん)元年生まれ。院覚の子。治承(じしょう)2年中宮徳子(建礼門院)の安産祈願の薬師仏をつくる。そのときすでに法印だった。平氏に焼き討ちされた奈良の復興に際しては興福寺講堂大仏師となった。建久5年一門をひきいて東大寺大仏の光背をつくった。建久9年10月29日死去。79歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

院尊

没年:建久9.10.29(1198.11.29)
生年:保安1(1120)
平安末・鎌倉初期に活躍した仏師。院覚の子。久安5(1149)年宇治・成楽院西御堂の半丈六大日如来像と丈六阿弥陀如来像の造立で,記録に初めてその名がみえる。久寿1(1154)年には,鳥羽・金剛心院の造仏の功で法橋となる。治承2(1178)年建礼門院の御産祈のため三尺七仏薬師を造立した際すでに法印位に上っており,院派系仏師の中心人物として当時の造仏界で勢力を誇っていたようだ。同4年の平重衡の兵火で大きな被害を蒙った東大寺や興福寺の復興造営に,円派・慶派の仏師たちと共に加わっており,東大寺大仏の光背を造るなど重要な役割を果たしたが,確定できる彼の現存作品は知られていない。<参考文献>小林剛『日本彫刻作家研究』,清水真澄「仏師院尊論」(『成城短期大学紀要』19号)

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんそん【院尊】

1120‐98(保安1‐建久9)
平安末~鎌倉初期の院派仏師。1154年(久寿1)鳥羽金剛心院の造仏により法橋になり,83年(寿永2)の僧綱補任では,円派,慶派の仏師をおさえて,最高位の法印につき,文字どおり仏師界の第一人者であったと思われる。宮廷や後白河院の信頼も厚く,鎌倉幕府成立前後には南都復興の造仏事業に携わり,86年(文治2)興福寺講堂の阿弥陀三尊像を造立し,95年(建久6)には法眼院実,法橋覚朝,院円,院範,院俊,院康など一門を引き連れて東大寺大仏の光背製作に当たっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんそん【院尊】

1120~1198) 平安後期・鎌倉時代の仏師。院派に属す。南都復興の時、興福寺造仏を指揮し、東大寺大仏光背を造るなど平安末期から鎌倉時代にかけて活躍。現存作品はない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院尊
いんそん
(1120―1198)

平安時代末から鎌倉時代初めにかけて活躍した院派の仏師。院覚の子あるいは弟子といわれ、当時の仏師のうちでも最高の地位と名声をもって彫刻界に君臨した人物である。いわゆる南都復興にあたっては、興福寺のもっとも重要な造仏を担当し、東大寺の大仏の光背を制作するなど、その活躍は顕著で、作品も数多くあったが、現存作品はない。彼が養和(ようわ)年間(1181~82)に後白河院(ごしらかわいん)の命によって、源氏調伏(ちょうぶく)のため5丈の毘沙門天(びしゃもんてん)像をつくったことが鎌倉方に忌避され、院派の勢力を衰えさせる一つの原因になったともいうが、院派の衰退は、彼以後に優れた仏師が出なかったことによると思われる。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院尊の関連キーワード運慶快慶愚昧記仏所七条大宮仏所大仏師御正体海人の刈藻院慶興福寺仏師職

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院尊の関連情報