コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰唇癒合 いんしんゆごう Labial Adhesions

1件 の用語解説(陰唇癒合の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いんしんゆごう【陰唇癒合 Labial Adhesions】

[どんな病気か]
 左右の小陰唇(しょういんしん)が、薄く膜様に癒着した状態です。出生前後に、炎症や外傷で表皮がはがれたあとが癒着しておこるといわれています。治療は、癒合しているところを剥離(はくり)すれば治ります。エストロゲン軟膏(なんこう)を塗布して自然に剥離するのを待つ方法もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

陰唇癒合の関連キーワード小陰唇陰唇衛府督衛府佐外性器兄弟は左右の手なり四衛何心地不死身小陰

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陰唇癒合の関連情報