陰唇癒合(読み)いんしんゆごう(英語表記)Labial Adhesions

家庭医学館の解説

いんしんゆごう【陰唇癒合 Labial Adhesions】

[どんな病気か]
 左右の小陰唇(しょういんしん)が、薄く膜様に癒着した状態です。出生前後に、炎症や外傷で表皮がはがれたあとが癒着しておこるといわれています。治療は、癒合しているところを剥離(はくり)すれば治ります。エストロゲン軟膏(なんこう)を塗布して自然に剥離するのを待つ方法もあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android