陰謀説(読み)いんぼうせつ(英語表記)conspiracy theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰謀説
いんぼうせつ
conspiracy theory

社会の構造上の問題を背後にひそむ個人ないしは集団の陰謀のせいにすること。一般に複雑な歴史過程を分析して,変化の動因を探ることはむずかしい。逆に特定の人間ないし人間集団の陰謀によって歴史が動かされるという考え方は理解しやすい。そこで大衆を操縦するために,しばしばこの陰謀説がとられることになる。ナチはドイツの悲運の責任をユダヤ人や共産主義者の陰謀のせいにして,巧みに大衆の怒りをかきたてることに成功した。陰謀説は一種のイデオロギー批判ではあるが,この批判自体が社会や政治の現実を神秘化するイデオロギーなのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陰謀説の関連情報