コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳摶 ちんたん

大辞林 第三版の解説

ちんたん【陳摶】

?~989) 中国、宋の毫州真源の人。字あざなは図南。号は扶揺子。賜号は希夷先生。宋の太宗に重んぜられた。周敦頤しゆうとんいの「太極図説」は彼の作った太極図に基づくという。著「指玄篇八十一章」「三峰寓言」「高陽集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんたん【陳摶 Chén Tuán】

?‐989
中国,五代・宋初の道士。字は図南。亳(はく)州(河南)の人。後唐長興年間(930‐933)の科挙に落第して仕官をあきらめ,湖南の武当山九室巌に隠棲して道術を学び,のちに華山雲台観などに住んだ。後周の世宗に召され,また宋の太宗のときには2度上京して寵遇され,希夷先生の号を賜った。《易》を好んで《正易心法》などの著作があり,とくに宋学の根幹をなす〈太極図〉(太極)は彼の作ともいわれる。【竺沙 雅章】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の陳摶の言及

【人相学】より

… その後隋,唐,五代十国の時代になっても相術は衰えることなく,呂洞賓(りよとうひん),一行(いちぎよう)禅師,麻の衣に身を包むを常とした麻衣(まい)仙人,後周の世宗の師であった王朴などが出た。さらに麻衣仙人の弟子で宋の太宗から希夷と賜号された陳摶(ちんたん)は長く秘伝とされていた相法を公表し,他の仙家や仏家もこれに倣ったので,宋代にはこれらをまとめた《神相篇》が出た。この書によって相術を究める者は後を絶たず,その中には,元の世祖(フビライ・ハーン)が日本を襲った際に師としてこれをいさめたと伝えられる碧眼道者らがいる。…

※「陳摶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陳摶の関連キーワード太極図説陳希夷馬致遠人相手相种放

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android