コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅寺心経 すみでらしんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

すみでらしんぎょう【隅寺心経】

隅寺すなわち奈良市海竜王寺に伝えられた多数の般若心経のこと。民間に散佚して世に空海筆と称するが,空海とは無関係である。奈良時代におそらく朝廷の日課心経会(しんぎようえ)の料として書写したものと思われ,1巻272字1紙に収まる心経を,10紙(1旬分)あるいは15紙(半月分)ずつ成巻したもののようで,なかには〈天平勝宝7年(755)料〉と記されたものもある。【栗原 治夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android