コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅寺心経 すみでらしんぎょう

1件 の用語解説(隅寺心経の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すみでらしんぎょう【隅寺心経】

隅寺すなわち奈良市海竜王寺に伝えられた多数の般若心経のこと。民間に散佚して世に空海筆と称するが,空海とは無関係である。奈良時代におそらく朝廷の日課心経会(しんぎようえ)の料として書写したものと思われ,1巻272字1紙に収まる心経を,10紙(1旬分)あるいは15紙(半月分)ずつ成巻したもののようで,なかには〈天平勝宝7年(755)料〉と記されたものもある。【栗原 治夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隅寺心経の関連キーワード海竜王寺免田海竜王啓閉天王寺言伝える事教厳真定舜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone