コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心経 しんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心経
しんぎょう

般若波羅蜜多心経』『般若心経』の略。心経の「心」とは,『大般若経』 600巻の精要という意味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぎょう【心経】

「般若はんにや心経」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心経
しんきょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

心経の関連キーワード山梨県笛吹市一宮町一ノ宮粟生のおも講と堂徒式パラミタミュージアム鉄眼禅師仮名法語法華百座聞書抄般若心経秘鍵義覚(1)一色梨央奈高神 覚昇南岳大師長屋和彰草繋全宜松原泰道隅寺心経色即是空八木岱士高神覚昇安倍実香平家納経空即是色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android