隅赤・角赤(読み)すみあか

精選版 日本国語大辞典「隅赤・角赤」の解説

すみ‐あか【隅赤・角赤】

〘名〙 箱の形式の一つ。蓋と身の口縁から四隅にかけて、隅金物に象(かたど)って朱漆を塗り、他の部分は黒漆塗に蒔絵などをほどこしたもの。この部分には多く粗い目の布を貼るが、木地に直接朱漆を塗ったものもある。室町時代にあらわれ、桃山時代以降に手箱や沈箱などに用いられた。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android