隅赤・角赤(読み)すみあか

精選版 日本国語大辞典「隅赤・角赤」の解説

すみ‐あか【隅赤・角赤】

〘名〙 箱の形式の一つ。と身の口縁から四隅にかけて、隅金物に(かたど)って朱漆を塗り、他の部分は黒漆塗に蒔絵などをほどこしたもの。この部分には多く粗い目のを貼るが、木地に直接朱漆を塗ったものもある。室町時代にあらわれ、桃山時代以降に手箱や沈箱などに用いられた。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android