コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起線文土器 りゅうきせんもんどき

2件 の用語解説(隆起線文土器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起線文土器
りゅうきせんもんどき

縄文時代草創期に出現する土器。日本最古の土器の一つと考えられている。炭素 14年代測定法によれば,世界でも最古の土器の一つ。形は単純なものが多く,底から口縁に次第に広がるものが多い。口縁近くを粘土紐で装飾するのでこの名で呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

隆起線文土器【りゅうきせんもんどき】

縄文時代草創期の土器。丸底や尖底で,口縁部に細い粘土紐を複数貼り巡らす文様をもつ。土器製作が開始された1万2000年前頃の土器であり,本州・四国・九州で出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の隆起線文土器の言及

【隆線文土器】より

…器形は丸底ないし平底の屈曲のない深鉢形を呈するが,いずれも小型である。炭素14法の年代測定では,長崎県福井洞穴の隆起線文土器は1万2700±500年B.P.,愛媛県上黒岩岩陰遺跡の細隆起線文土器は,1万2165±600年B.P.となる。現在までのところ前1万年という古さの土器は世界でも他に例がない。…

※「隆起線文土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隆起線文土器の関連キーワード小瀬ヶ沢洞穴縄文時代先土器時代縄文時代草創期東京都あきる野市野辺富山県小矢部市桜町泉福寺洞穴一の沢洞窟直坂遺跡日向洞窟

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone