コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隈無し クマナシ

2件 の用語解説(隈無しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くま‐な・し【×隈無し】

[形ク]
影や曇りがない。隠れるところがない。
「月は―・きをのみ見るものかは」〈徒然・一三七〉
隠し隔てがない。わだかまりがない。
「好色事(すきごと)ども、かたみに―・く言ひ表し給ふ」〈・葵〉
行き届かないところがない。抜かりがない。万事に通じている。
「おのれも―・き好き心にて、いみじく謀(たばか)り」〈・夕顔〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くまなし【隈無し】

( 形ク )
(月の光が)かげりがない。澄み切って暗い所がない。 「花はさかりに、月は-・きをのみ見るものかは/徒然 137
なんにでも通じている。なんでも知っている。 「 - ・きもの言ひも、定めかねて、いたくうち歎く/源氏 帚木
行き届かぬところがない。すみずみまで行き渡っている。余すところがない。ぬかりがない。 「おのれも-・きすき心にて/源氏 夕顔

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone