僧都(読み)そうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧都
そうず

僧官の一つ。僧綱のなかの第2位。日本では推古 32 (624) 年にこの官位が設けられ,のち大,少,権大,権少の4種の階級に分けられた。正五位または正四位に叙された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

僧都【そうず】

僧綱(そうごう)(僧正・僧都・律師)の一つで僧正の下にあって僧尼を統轄する。もと中国の職名で,北魏の孝明帝が慧光を僧都としたのに始まる。日本では624年に鞍部徳積が初めて任じられたが,のち大・権大・少・権少の4段階の別が生じた。僧都の定数は819年には大僧都1人,少僧都1人,1086年大僧都5人,少僧都8人と定められたが,のち次第に増えた。大僧都は東大寺,興福寺,延暦寺,園城寺の僧に限られた。
→関連項目僧位僧官法眼

僧都【そうづ】

僧都(そうず)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そうず【僧都】

僧綱そうごうの一。僧正の下、律師の上に位し、僧尼を統轄する。初め一人であったが、のちに大・権大・少・権少の四階級に分かれる。
明治以降、各宗派の僧階の一。
添水そうず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僧都の関連情報