僧都(読み)そうず

  • そうず ‥ヅ
  • そうず〔ヅ〕
  • そうづ

百科事典マイペディアの解説

僧綱(そうごう)(僧正・僧都・律師)の一つで僧正の下にあって僧尼轄する。もと中国の職名で,北魏の孝明帝が慧光を僧都としたのに始まる。日本では624年に鞍部徳積が初めて任じられたが,のち大・権大・少・権少の4段階の別が生じた。僧都の定数は819年には大僧都1人,少僧都1人,1086年大僧都5人,少僧都8人と定められたが,のち次第に増えた。大僧都は東大寺,興福寺,延暦寺,園城寺の僧に限られた。
→関連項目僧位僧官法眼
僧都(そうず)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

僧綱そうごうの一。僧正の下、律師の上に位し、僧尼を統轄する。初め一人であったが、のちに大・権大・少・権少の四階級に分かれる。
明治以降、各宗派の僧階の一。
添水そうず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 僧官である僧綱の一つ。僧正に次いで僧侶を統轄するもの。もと、大僧都・少僧都各ひとりであったが、後には、大僧都・権大僧都・少僧都・権少僧都の四階級に分かれた。大宝令(七〇一)では俗人の従五位に準じていたが、弘安八年(一二八五)の制度で四位の殿上人に準じた。後世諸宗の僧階でこの称を用いる。
※書紀(720)推古三二年四月(北野本南北朝期訓)「故今より已後、僧正僧都(ソウツ)を任(め)して仍て僧尼を検校すべし」
※源氏(1001‐14頃)若紫「これなん、なにがしそうづの、二年(ふたとせ)籠り侍るかたに侍るなる」
※発心集(1216頃か)一「山田もる僧都(ソウズ)の身こそ哀れなれ秋はてぬれば問ふ人もなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android