コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧都 そうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧都
そうず

僧官の一つ。僧綱のなかの第2位。日本では推古 32 (624) 年にこの官位が設けられ,のち大,少,権大,権少の4種の階級に分けられた。正五位または正四位に叙された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐ず〔‐ヅ〕【僧都】

僧綱(そうごう)の一。僧正に次ぐ地位で、のちに大僧都・権大僧都・少僧都・権少僧都の4階級に分かれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

僧都【そうず】

僧綱(そうごう)(僧正・僧都・律師)の一つで僧正の下にあって僧尼を統轄する。もと中国の職名で,北魏の孝明帝が慧光を僧都としたのに始まる。日本では624年に鞍部徳積が初めて任じられたが,のち大・権大・少・権少の4段階の別が生じた。
→関連項目僧位僧官法眼

僧都【そうづ】

僧都(そうず)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

そうず【僧都】

僧綱そうごうの一。僧正の下、律師の上に位し、僧尼を統轄する。初め一人であったが、のちに大・権大・少・権少の四階級に分かれる。
明治以降、各宗派の僧階の一。
添水そうず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

僧都の関連キーワード芋掘り坊主城辺〈町〉隆円(1)鞍作徳積永原永運中山日意狐の草子持て参る我等式檀那流恵心流常無し寛忠姉恵心派円賀勤操定昭実因行超僧階

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僧都の関連情報