コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階層化ディレクトリー かいそうかでぃれくとりー

1件 の用語解説(階層化ディレクトリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

階層化ディレクトリー

directoryは「電話帳」、「名簿」という意味で、コンピューター関連では、ハードディスクフロッピーディスクなど外部記憶媒体の中に登録されているファイルの管理情報(名称、編成方法、データの形式、情報の保護レベル、記憶場所など)を記録している登録簿をこう呼ぶ。階層化ディレクトリは、このディレクトリに階層構造を持たせたもので、あるディレクトリの下にさらにディレクトリを持てるようにする。現在一般的なOSのファイルシステムでは、階層化ディレクトリをサポートしないものはない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

階層化ディレクトリーの関連キーワードドメインコントローラードメイン・コントローラーLDAPバインダリNSL ManagerpasswdファイルDIF

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone