階級帰属意識(読み)かいきゅうきぞくいしき(英語表記)class identification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「階級帰属意識」の解説

階級帰属意識
かいきゅうきぞくいしき
class identification

階級意識形態にはいろいろの局面があるが,階級帰属意識は,単に個人の,自分がどこの階級に属しているかについての準拠意識である。階級帰属意識はしばしば現実の客観的な階級帰属と異なり,さらにその異なり方は文化的背景の違いにより,現れ方を異にする。社会心理学的次元で問題にされることが多いため,採用される階級指標は,対立的なものより,上層中層下層階級などの序列的指標が多いが,対立的な階級指標を用いてもさしつかえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android