隔世の感(読み)かくせいのかん

精選版 日本国語大辞典「隔世の感」の解説

かくせい【隔世】 の =感(かん)[=思(おも)い]

の中が著しく変化したという感じ。時代がすっかり変わってしまったという感慨
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉八「二三年前のことをへると、実に隔世があるッて言って居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「隔世の感」の解説

かくせい‐の‐かん【隔世の感】

変化が激しく、まるで世代が変わってしまったような感じ。「隔世の感を禁じ得ない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android