隔世の感(読み)カクセイノカン

  • =思(おも)い
  • かくせい
  • の =感(かん)
  • 隔世

精選版 日本国語大辞典の解説

世の中が著しく変化したという感じ。時代がすっかり変わってしまったという感慨。
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉八「二三年前のことを考へると、実に隔世の感があるッて言って居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隔世の感の関連情報