コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隔世 カクセイ

デジタル大辞泉の解説

かく‐せい【隔世】

時代・世代がへだたっていること。時代が違うこと。かくせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくせい【隔世】

時代がへだたること。時代が異なること。
〘生〙 途中の世代を、一代あるいは数代とびこすこと。
[句項目] 隔世の感

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隔世の関連キーワード世・井・凄・制・勢・声・姓・婿・征・性・成・掣・政・整・斉・星・晴・棲・正・歳・清・牲・生・盛・省・穽・精・聖・聲・臍・製・西・誓・誠・請・逝・醒・青・靖・静・靜・齊劃・各・喀・嚇・客・廓・拡・擴・攪・攫・核・格・殻・殼・獲・画・確・穫・覚・覺・角・赫・較・郭・閣・隔・革・鶴C. ロンブローゾ新旧両派の争いロンブローゾ野性の呼び声隔世の感先祖返り刑事政策隔世遺伝交換婚犯罪学華僑思う明覚遊び

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隔世の関連情報