隙行く駒(読み)ヒマユクコマ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひま【隙】 行(ゆ)く駒(こま)

(「荘子‐知北遊」の「人生天地之間、若白駒之過一レ郤、忽然而已」による) 壁のすきまに見る馬はたちまち過ぎ去ることの意から、月日の早く過ぎ去ることのたとえ。隙(げき)を過ぐる駒。白駒(はっく)(げき)を過ぐ。ひま過ぐる駒。ひまの駒。
※千載(1187)雑中・一〇八七「いかで我ひまゆく駒をひきとめて昔に帰る道を尋ねん〈三河内侍〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隙行く駒の関連情報