コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障壁容量 しょうへきようりょうbarrier capacitance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

障壁容量
しょうへきようりょう
barrier capacitance

半導体のダイオードのもつ容量で,接合容量ともいう。ダイオードの電位障壁に存在する強い電界によって自由なキャリアが吐き出されてしまうので,この領域では空間電荷が電気的二重層を形成し,容量として機能する。容量の大きさは空間電荷の密度とダイオードに印加する電圧で決る。空間電荷密度はほぼ半導体に添加された不純物の密度と考えてよいので,不純物密度の多い半導体を用いたダイオードではこの容量は大きい値を示す。逆バイアスの電圧を大きくすると,容量は減少する方向に変化する。この性質は周波数変調,電子同調,パラメトリック増幅などに利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android