コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電位障壁 でんいしょうへきpotential barrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電位障壁
でんいしょうへき
potential barrier

空間的な電位分布に電位の差が生じていて,あるところから電位が高くなっていると,電荷の移動はこれによって妨げられる。一般にこれを電位障壁と呼ぶ。半導体中の電子や正孔に対する電位障壁をさすことが多く,金属と半導体の接合部に形成されたショットキー障壁や,半導体のp-n接合部の空乏層に形成された電位障壁などがその例である。これらは電子や正孔の移動に対して障壁として働き,電流-電圧特性が整流性を示す原因となる。ダイオードやトランジスタなどの半導体素子には,電子や正孔に対する電位障壁の作用を利用するものが多い。このほか,半導体の表面や半導体中の結晶粒界などにも電位障壁が形成される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

電位障壁の関連キーワードショットキーダイオード静電誘導トランジスタ半導体ガスセンサーポテンシャル障壁注入型電界発光有機半導体障壁容量

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android