コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠し目付 カクシメツケ

デジタル大辞泉の解説

かくし‐めつけ【隠し目付】

江戸幕府の職名。徒目付(かちめつけ)小人目付(こびとめつけ)の中から臨時に任命されて、ひそかに諸藩・大名の動きを調べた。
こっそり他人の行動を見張る役。
「姑の―を勤めて、嫁の挙動は細大洩さず密告する」〈紅葉・二人女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくしめつけ【隠し目付】

江戸時代、幕府の目付の命を受けて、秘かに諸大名の動静や旗本の行状などを調査・監視する役目。また、その者。忍び目付。隠密おんみつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠し目付の関連キーワード三船 敏郎忍び目付小人目付細大

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android