細大(読み)さいだい

精選版 日本国語大辞典「細大」の解説

さい‐だい【細大】

〘名〙 こまかいことと大きいこと。細事と大事。巨細(こさい)
※東海一漚集(1375頃)一・答充太虚「細大於材倶勿棄。桷及侏儒」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「時世時世の情態をば細大(サイダイ)となく写しいだして」 〔史記‐秦始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「細大」の解説

さい‐だい【細大】

細かいことと大きなこと。細事と大事。巨細こさい
時世ときよ時世の情態をば―となく写しいだして」〈逍遥小説神髄
[類語]巨細

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「細大」の解説

【細大】さいだい

巨細。〔国語、周語下〕物、を得たるを樂と曰ふ。極の集るを聲と曰ひ、聲應じて相ひ保んずるを和と曰ひ、細大踰(こ)えざるをと曰ふ。~物備はりて樂り、上下罷(つか)れず、故に樂正と曰ふ。

字通「細」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android