コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠ろふ カクロウ

デジタル大辞泉の解説

かくろ・う〔かくろふ〕【隠ろふ】

連語「かくらう」の音変化》
[動ハ四]隠れている。
「昨日今日雲のたちまひ―・ふは花の林を憂しとなりけり」〈伊勢・六七〉
[動ハ下二]
に同じ。
「いとどうち忍び―・へ給ひしほど」〈夜の寝覚・五〉
表立たないでいる。
「さだ過ぎぬるを功にてぞ―・ふる」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくろう【隠ろふ】

〔動詞「隠る」に継続の助動詞「ふ」の付いた「隠らふ」の転〕
( 動四 )
物陰にひそむ。かくれる。 「きのふけふ雲のたちまひ-・ふは花の林をうしとなりけり/伊勢 67
( 動下二 )
物陰にひそむ。かくれる。 「うちとけたる方にて時々、-・へ見侍りし程は/源氏 帚木
人目に立たないでいる。 「夜目にこそしるきながらも、よろづ-・へたること多かりけれ/源氏 末摘花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠ろふの関連キーワード末摘花隠ろへ源氏舞う物陰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android