コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集合リンパ小節 しゅうごうリンパしょうせつaggregate lymph follicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集合リンパ小節
しゅうごうリンパしょうせつ
aggregate lymph follicle

小腸粘膜にある長楕円形 (直径 1cm程度) の小隆起。内臓諸臓器,ことに消化管粘膜固有層ではリンパ球が集って孤立リンパ小節をつくるが,回腸ではこのリンパ小節が多数集合し,総数 20~30個の大型のリンパ小節を形成する。これを集合リンパ小節と称する。この研究をしたスイスの解剖学者,J.C.パイエル (1653~1712) にちなんで,パイエル板ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集合リンパ小節の関連キーワード腸チフス扁桃腺小腸

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android