集団犯(読み)しゅうだんはん

大辞林 第三版の解説

しゅうだんはん【集団犯】

内乱罪・騒乱罪など、犯罪の成立において、多数の者が同一の目的に向かって共同して行動することが必要である犯罪。集合的犯罪・集合犯ともいわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうだん‐はん シフダン‥【集団犯】

〘名〙 多数の者が集合し、同じ目的に向かって共同の行為をすることを要件とする犯罪。必要的共犯の一形式で、内乱罪騒擾(そうじょう)罪など。集合犯。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の集団犯の言及

【犯罪】より

… なお,刑法各則の犯罪類型が,例外的に,もともと2人以上の者の共働行為によって実現されることを予定している場合がある。たとえば収賄・贈賄(刑法197~198条)のような対向的な共働行為(対向犯),内乱(77条),騒乱(106条)のような同一方向に向けられた共働行為(集団犯)がそれである。これを必要的共犯と呼んで,刑法総則が規定する前述の共犯(任意的共犯)と区別するのが通常である。…

※「集団犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android