騒擾(読み)ソウジョウ

  • そうじょう サウゼウ
  • そうじょう〔サウゼウ〕
  • 騒×擾

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)集団で騒ぎを起こし、社会の秩序を乱すこと。騒乱。擾乱。「過激派が騒擾する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
事件などを起こして社会の秩序を乱すこと。 藩士の京師を-するもあり/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) さわぎみだれること。さわぎたてること。また、そのさま。騒動。擾乱。
※朝野群載‐一一・延久三年(1071)五月五日「荒夷発兵、黎民騒擾」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「曚雲(もううん)が弑逆(しいぎゃく)の騒擾(ソウヂャウ)によって」 〔史記‐平準書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騒擾の関連情報