コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共犯 きょうはん Teilnahme

6件 の用語解説(共犯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共犯
きょうはん
Teilnahme

数人が特定の犯罪構成要件に該当する事実を協力して実現する場合をいう。正犯に対する概念である。刑法は共同正犯 (60条) ,教唆犯 (61条) ,従犯 (62条) の3種類を共犯として規定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐はん【共犯】

二人以上の者が一つの罪に関与していること。また、その関与者。刑法上、共同正犯教唆(きょうさ)犯従犯に分けられるが、狭義では教唆犯と従犯をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

共犯【きょうはん】

2人以上の者が犯罪の実現に関与すること。共同正犯教唆犯,幇助(ほうじょ)犯を広義の共犯,後2者を狭義の共犯とする。通説では正犯実行行為があって初めて成立。ここにいう共犯は任意的共犯といわれるもので,2人以上の共同的・集団的行為を規定している内乱罪騒擾(そうじょう)罪のような集団犯罪贈収賄罪のような必要的共犯呼ばれるものとは区別される。
→関連項目強制猥褻罪従犯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうはん【共犯】

2人以上の者が共同して犯罪を行うこと。共犯に対する立法形式は,二つに大別される。一つは,犯罪に関与した者すべてを正犯として処罰する(イタリア刑法等)という方法であり,他は,処罰を犯罪への特定の関与形態に限定し,しかも関与のしかたに応じて処罰に軽重を設ける(ドイツ刑法等)という方法である。日本の刑法は後者に属し,共同正犯(60条),教唆犯(61条),従犯(幇助(ほうじよ)犯ともいう。62条)の規定をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうはん【共犯】

二人以上の者が一個の犯罪に関与すること。刑法上、共同正犯・教唆きようさ犯・従犯の別があり、狭義には教唆犯・従犯のみをいう。 「 -者」 → 正犯

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共犯
きょうはん

2人以上の者が共同して犯罪を実現すること。これに対し、単独で犯罪を実現する場合を単独犯という。

共犯の種類

この意味の共犯には必要的共犯と任意的共犯とがある。必要的共犯とは、たとえば騒乱罪(刑法106条)、重婚罪(同法184条)のように、当該刑罰法規がもともと2人以上の者による犯行が不可欠であることを予定している場合であるのに対して、任意的共犯とは、一般の犯罪のように、刑法上は単独犯が予定されている犯罪を、2人以上の者が共同して実現する場合である。このうち、刑法第1編総則第11章の共犯規定は、任意的共犯に関するものであり、必要的共犯には適用されないものと一般に解されている。この共犯規定には、共犯として、共同正犯、教唆犯、従犯の3種類がある。これら三つをあわせて広義の共犯というのに対して、教唆犯と従犯(または幇助(ほうじょ)犯)とを狭義の共犯とよぶ。この区別は、共同正犯が共犯である一面とともに、正犯の一種でもあることに基づくものである。[名和鐵郎]
共同正犯
「2人以上共同して犯罪を実行した」場合をいう(刑法60条)。共同正犯が成立するためには、2人以上の行為者の間に、客観的に共同実行(実行行為の分担)を要するとともに、主観的にも、共同実行の意思(意思の連絡)が必要とされる。[名和鐵郎]
教唆犯
「人を教唆して犯罪を実行させた」場合をいう(刑法61条1項)。教唆犯が成立するためには、他人に対し特定の犯罪を実行する決意(犯意)を生じさせるとともに、これに基づいて被教唆者が犯罪を実行したことが必要である。[名和鐵郎]
従犯
「正犯を幇助した」場合をいう(刑法62条)。従犯の成立には、従犯者が正犯者の実行行為を容易にすることが必要である。なお、拘留または科料のみに処すべき罪の従犯は、特別の規定がない限り不可罰とされる(同法64条)。[名和鐵郎]

共犯の本質

共犯の本質をめぐり、従来次のような根本的対立があり、いずれの見解にたつかによって、共犯の成立範囲に大きな違いが生じる。[名和鐵郎]
犯罪共同説と行為共同説
この対立は、共犯とは客観・主観の両面において何を共同にするのか、という点に関するものである。犯罪共同説においては、おおむね旧派的立場を前提として、共犯は特定の犯罪につき客観的・主観的に共同することを要するものと解される。したがって、この立場からは、異なる犯罪類型(類型的に重なる場合は別)相互には、客観面において共犯の成立が認められないし、また、過失犯に関しては、故意犯と過失犯であれ、過失犯内部であれ、主観的に意思(すなわち犯意)の連絡がないから、共犯は否定されるものと一般に解されてきた。ただ、この立場でも、過失の共同正犯につきこれを肯定する見解もみられる。これに対して行為共同説は、新派的立場を前提としつつ、前法的にみて自然的行為(すなわち行為)につき共同があれば足りると解する。この見解によれば、前述のすべての場合につき客観・主観の両面で行為の共同が存在する限り、共犯を肯定しうるものとしている。さらに、両説の間には、いわゆる片面的共犯や承継的共犯についても、共犯の成立範囲に広狭の差が生じることになる。[名和鐵郎]
共犯従属性説と共犯独立性説
正犯と狭義の共犯(教唆犯、従犯)との関係をめぐって、共犯従属性説が、共犯は正犯に従属性を有し、正犯が一定の行為を行った場合にのみ、その共犯は成立しうると説くのに対して、共犯独立性説においては、共犯は正犯とは別の意味で犯罪の実現に向けて参画するものであるから、共犯は正犯と独立して可罰性を帯びるものと解される。このうち、おおむね前説は旧派的立場、後説は新派的立場に対応するものといえる。両説における解釈論的な違いは、とくに、正犯者が犯罪の実行に着手しなくてもその共犯は処罰されうるか、という点(実行従属性)にある。この点につき前説では実行従属性を要求するのに対して、後説ではこれを要しないものと解している。このうち、共犯従属性説が通説・判例の立場であるが、共犯の成立にとって、正犯者によるどの程度の行為を要するか(従属性の程度)については、従来、正犯が構成要件に該当する違法、有責の行為を必要とすると解する極端従属性説が支配的であったが、今日ではむしろ、構成要件に該当する違法な行為が存在すれば足りると解する制限従属性説が通説化している。このうち、たとえば責任無能力者に対する共犯の成否につき、極端従属性説では共犯が成立する余地はなく、間接正犯と解されてきたが、制限従属性説では、これを肯定しうるから、14歳未満の者に犯罪を教唆するのも教唆犯として処罰しうることになる。[名和鐵郎]

共犯の実際

このように、理論的にもまた実定法的にも、共犯につき共同正犯、教唆犯、従犯は明確に区別されてはいるが、わが国における法運用の実際をみると、共謀共同正犯の理論が広く適用され、ある犯罪につき共謀に参加した者は、その一部が実行に出た以上、直接には実行に参加していなくても共謀者全員が共同正犯として処罰されている。そこで、この理論のもとでは、大部分の教唆犯や事前の無形的従犯(精神的幇助)は「共謀」に参加した場合として、共同正犯が認められる結果、三つの共犯形態のうち、大部分を共同正犯が占め、教唆犯は非常に少ないことになる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の共犯の言及

【犯罪】より

…38条3項参照),また,自分の行為が違法であるということを知っていたけれども他の適法な行為を期待することができない場合(期待可能性がない場合)にも,〈責任〉がないとする見解が有力である。
[未遂と共犯]
 刑法各則の条文に示される犯罪類型は,原則として,犯罪が完成して既遂となり(既遂犯),しかも,その犯罪を1人で実行する場合(単独正犯)を予定している(たとえば199条の殺人罪,235条の窃盗罪)。しかし,犯罪はつねに完成して既遂になるとはかぎらないし,また犯罪はつねに1人で行われるわけでもない。…

※「共犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

共犯の関連キーワード合葬主犯多妻ダブルスチール二人二人使い連管連吟相舞タッグチーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共犯の関連情報