集団疎開(読み)シュウダンソカイ

大辞林 第三版の解説

しゅうだんそかい【集団疎開】

集団で行われる疎開。特に、第二次大戦中の学童疎開をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の集団疎開の言及

【学童疎開】より

…連合軍による直接的な本土攻撃の危機が増大した1943年12月〈都市疎開実施要綱〉が閣議決定されて都市施設の地方分散がはかられたが,長距離爆撃機B29による空襲が激しくなる中で大都市児童の生命を守るために44年6月〈学童疎開促進要綱〉が決定された。この決定により〈縁故疎開〉を原則としつつ,それが不可能な国民学校初等科3~6学年の児童を半強制的に〈集団疎開〉させた。同年夏,東京ほか12の該当都市が指定され学校ごとに近郊農村地帯への移動が始まり,45年春には全国で約40万人を超える児童が疎開したといわれる。…

※「集団疎開」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団疎開の関連情報