コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団疎開 シュウダンソカイ

デジタル大辞泉の解説

しゅうだん‐そかい〔シフダン‐〕【集団疎開】

集団で疎開すること。第二次大戦中の学童疎開を言うことが多い。→縁故疎開

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうだんそかい【集団疎開】

集団で行われる疎開。特に、第二次大戦中の学童疎開をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集団疎開
しゅうだんそかい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の集団疎開の言及

【学童疎開】より

…連合軍による直接的な本土攻撃の危機が増大した1943年12月〈都市疎開実施要綱〉が閣議決定されて都市施設の地方分散がはかられたが,長距離爆撃機B29による空襲が激しくなる中で大都市児童の生命を守るために44年6月〈学童疎開促進要綱〉が決定された。この決定により〈縁故疎開〉を原則としつつ,それが不可能な国民学校初等科3~6学年の児童を半強制的に〈集団疎開〉させた。同年夏,東京ほか12の該当都市が指定され学校ごとに近郊農村地帯への移動が始まり,45年春には全国で約40万人を超える児童が疎開したといわれる。…

※「集団疎開」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

集団疎開の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)フアン ゴイティソロ神田日勝記念美術館舞鶴市の学童疎開芽むしり仔撃ち畑谷 光代奥田継夫原爆孤児倉本聰集団

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団疎開の関連情報