災禍(読み)さいか

精選版 日本国語大辞典「災禍」の解説

さい‐か ‥クヮ【災禍】

〘名〙 天などによって受けるわざわい。思いがけない災難。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「人の忍耐を以て災に勝つべきこと」 〔春秋左伝‐昭公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「災禍」の解説

さい‐か〔‐クワ〕【災禍】

天災や事故によって受けるわざわい。思いがけない災難。災害。「災禍に遭う」
[類語]災厄奇禍被害禍害惨害惨禍災害なん災い被災災難天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「災禍」の解説

【災禍】さいか(くわ)

わざわい。〔史記、暦書〕民(ここ)を以て能く信り、是を以て能くり。民とと業を異にし、して(けが)さず。故に之れに嘉生をし、民は物を以て享し、災生ぜず、むる匱(とぼ)しからず。

字通「災」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android