災禍(読み)さいか

精選版 日本国語大辞典「災禍」の解説

さい‐か ‥クヮ【災禍】

〘名〙 天災などによって受けるわざわい。思いがけない災難。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「人の忍耐を以て災に勝つべきこと」 〔春秋左伝‐昭公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「災禍」の解説

さい‐か〔‐クワ〕【災禍】

天災や事故によって受けるわざわい。思いがけない災難。災害。「災禍に遭う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android