コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団育種法 しゅうだんいくしゅほう

百科事典マイペディアの解説

集団育種法【しゅうだんいくしゅほう】

ラムシュ育種法とも。作物自家受精では,異品種との交雑を行ってから第7代くらいまでに約80%以上の個体が固定されるので,第6代または第7代くらいまでは選抜を行わず集団で栽培し続け,それ以降に系統間の比較を行い優良品種を選抜・育種する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の集団育種法の言及

【集団選抜】より

…優良な家系をつくり,その家系内で交雑を繰り返しながら不良個体を除いて家系を維持していく方法である。なお交雑育種法の一つである集団育種法でも,交雑初期の世代に上述の方法に準じた集団選抜を加えて,育種の効率化を図っている。【武田 元吉】。…

※「集団育種法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android