集礼(読み)シュライ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐らい【集礼】

《近世上方語》諸雑費。特に、遊里で揚代以外の種々の出費。
「夜見世の間は、揚げ女郎の―を増す」〈色道大鏡・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅらい【集礼】

支払うべき代金。諸雑費。 「一日六分づつの-せはしく/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐らい【集礼】

〘名〙 (「らい」は「礼」の呉音) 諸雑費。特に、遊里での揚代以外の諸費用。江戸時代、主に、関西で用いた語。
※評判記・吉原讚嘲記時之大鞁(1667か)げびたるもの「しゅらいをにじるきゃく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android