コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集積物 しゅうせきぶつilluvium

岩石学辞典の解説

集積物

チェルノゼムの地帯で腐植,石膏,炭酸カルシウムで構成されている.現在は一般に一つの土壌層位から下位の土壌層位に物質が移動して堆積することに用いられる[Wyssotzky : 1901].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

集積物の関連キーワードソロンチャクチェルノゼムソロネッツアルカリ土ラテライト塩類土壌グライ層耐火粘土集積作用細胞質集積層砂漠土栗色土赤色土

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集積物の関連情報