コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壌層位 どじょうそうい soil horizon

翻訳|soil horizon

3件 の用語解説(土壌層位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土壌層位
どじょうそうい
soil horizon

地表面にほぼ平行な土壌または土壌物質中の層。生成的に関係のある隣接する層とは色,構造,土性,コンシステンス,生物の種類および数,酸度その他の性質,特徴で区別され,基準層位はO,A,B,C,Rの大文字5種を用いてO層A層B層C層R層と表示される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

土壌層位

一般に土壌は一様ではなくいくつかの層(layer)あるいは層位(horizon)から成り立っている.各層位の性質は異なり,土壌生成の過程で異なった性質を持つようになった.主な層位は次のように区分されている.(A)溶脱層位(eluvial horizon),(B)集積層位(iluvial horizon),(C)風化母岩(weathered parent rock),(D)未風化母岩(unweathered parent rock),C層位とD層位は常に分化しているとは限らないJenny : 1941, Ollier : 1969].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土壌層位
どじょうそうい
soil horizon

土壌は陸地の表面付近の岩石や砂礫(されき)の層が風化過程を経て、その場で変質した生成物からなる。変質の状況は地表面から地下に向かって垂直的に変化しており、変質の性質や程度は、狭い範囲でみれば土層内の同じ水準では同じ状態にある。地表面の直下には、雨水の浸透と温度変化を強く受けて、可溶性成分が分解し一般に下層に流乏した部分があり、下層には上層からの溶解成分の一部が集積をおこした部分が識別される。上部層を溶脱層位といい、下部層を集積層位と名づけ、さらにその下はそのような変質を受けない土壌母材とよばれる部分に達する。溶脱層位、集積層位、母材部分のそれぞれの境界は、堆積(たいせき)岩の地層の間の層理面のような明瞭(めいりょう)な面(垂直断面では線となる)ではなく、漸変するものであるが、各層位間の移行部分は地表にほぼ平行の水平方向に追うことができる。溶脱層位の最上部に植物遺体の分解産物である腐植が集積しているとき、とくにその部分を腐植層位ともいう。また、溶脱層位(A層位、略してA層)、集積層位(B層位、略してB層)のそれぞれについて、溶脱または集積の程度や特徴に応じ細区分することがある。土壌の全層(この場合は層位の意味でなく)が各層位に区別できるということは、その土壌の層位分化が発達していること、すなわち土壌生成の過程が成熟段階にあることを意味する。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土壌層位の関連キーワード等価原理枝分れクイクイエダフィッククリープ土壌モノジェニック土壌セカンダイン運積土壌残積土壌腹痛 (colic)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone