コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用乗数 こようじょうすう employment multiplier

1件 の用語解説(雇用乗数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用乗数
こようじょうすう
employment multiplier

最初にある数の雇用増加がなされると,結局はその何倍かの雇用増加を導くことになるが,その倍率をさす。イギリスの経済学者 R.F.カーンによって最初の定式化がなされ,J.M.ケインズ投資乗数の理論に結実した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雇用乗数の言及

【乗数理論】より

…これは限界消費性向が高いと,追加的な所得のうちの大きな割合が消費され,大きな消費支出は,大きな量の生産と所得を誘発するからである。
[乗数という言葉の使われ方]
 ケインズに先だって1931年に,ケンブリッジ大学のR.F.カーンが雇用乗数理論としてこのアイデアの基本部分を展開している。カーンの関心は,消費性向は一定として,公共投資の量を変化させたとき,雇用量がどのような定量的な変化を示すかというところにあった。…

※「雇用乗数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雇用乗数の関連キーワード密度調節無期雇用長期雇用慣行不完全雇用障害者の雇用障害者の法定雇用率独立行政法人の嘱託職員グリーン・ジョブ(緑の雇用)緑の雇用65歳までの雇用

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone