コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌蝶雄蝶 めちょうおちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雌蝶雄蝶
めちょうおちょう

婚礼の杯事 (さかずきごと) に用いる銚子につける飾り。水引きと紅白の和紙を折ってつくる。また杯事の酌をする男女1組の子供のことをさす。和紙の折り方には小笠原流その他,流派によって決りがある。正式の婚礼の象徴とされ,正月の若水桶の注連飾りなどと同じく清浄潔白の表示でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雌蝶雄蝶の関連キーワード山岸 荷葉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android