コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注連/標/七五三 シメ

デジタル大辞泉の解説

しめ【注連/標/七三】

《動詞「し(占)める」の用形から》
注連縄(しめなわ)」の略。
領有の場所であることを示したり、出入りを禁止したりするための標識。くいを打ったり縄を張ったりする。
「大伴の遠つ神祖(かむおや)の奥つ城はしるく―立て人の知るべく」〈・四〇九六〉

ちゅう‐れん【注連】

しめ飾り。しめなわ。しめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうれん【注連】

しめかざり。しめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

注連/標/七五三の関連キーワード山形県鶴岡市大網しめ(注連)縄二見興玉神社鞍馬の火祭ハレ(晴)高千穂神楽三郷(市)牛蒡注連道祖土焼中山神社ウラジロ蘇民将来出羽三山大根注連掻い垂れ二見浦鍬入れ船祝い奥つ城占有標

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android