コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注連/標/七五三 シメ

デジタル大辞泉の解説

しめ【注連/標/七三】

《動詞「し(占)める」の用形から》
注連縄(しめなわ)」の略。
領有の場所であることを示したり、出入りを禁止したりするための標識。くいを打ったり縄を張ったりする。
「大伴の遠つ神祖(かむおや)の奥つ城はしるく―立て人の知るべく」〈・四〇九六〉

ちゅう‐れん【注連】

しめ飾り。しめなわ。しめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうれん【注連】

しめかざり。しめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

注連/標/七五三の関連キーワード山形県鶴岡市大網しめ(注連)縄二見興玉神社鞍馬の火祭高千穂神楽ハレ(晴)三郷(市)中山神社出羽三山蘇民将来掻い垂れウラジロ大根注連牛蒡注連道祖土焼辺・畔鍬入れ奥つ城湯殿山船祝い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android