紅白(読み)こうはく

精選版 日本国語大辞典「紅白」の解説

こう‐はく【紅白】

〘名〙
色と白色。と白。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「得舎利一枚、大如胡麻、其色紅白、紫光四周」
※拾玉得花(1428)「ことに梅花の紅白(コウハク)の気色、是又、みやびたる見風也」 〔陳書‐高祖宣皇后伝〕
② (源氏は白旗を、平氏は紅旗を用いたところから) 源氏と平氏。源平。また、試合などで二組に分かれるときの紅組と白組。「紅白歌合戦
※忠直卿行状記(1918)〈菊池寛〉二「紅白の大仕合」
③ 水引(みずひき)の半白半紅のもの。紅と白とに染め分けた水引。
④ 紅白の餠あるいは菓子。
※真空地帯(1952)〈野間宏〉六「紙につつんだせんべいと紅白をむりやりににぎらせた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紅白」の解説

こう‐はく【紅白】

紅色と白色。赤と白。「紅白の幕」
《源氏は白旗を、平家は赤旗を用いたところから》対抗試合などでの、伝統的な二組の組分け。赤組と白組。「一クラスを紅白に分ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android